費用と技術のバランス

歯の模型と矯正器具 歯の模型と矯正器具

歯を失った際に施す治療法で最善の治療法は、インプラントです。なぜなら、インプラントならば、歯の形状はもちろんのこと、歯の噛む機能までも再現できるからです。 歯は心置きなく噛むことができなければ、歯の役割を果たしているとは言えないでしょう。しかし、従来からある入れ歯やブリッジといった治療法は、噛む機能を満足できるレベルで再現しているとは言い難い治療法です。ですから、インプラントが最善の治療法なのです。 ただ、インプラントは非常に高度な治療法であるため、治療結果が歯科医の技量や歯科に備わっている設備と深く関係している治療法です。つまり、治療を受ける歯科によって、治療結果に差が出る可能性が大いにある治療法なのです。ですから、インプラントの治療は、実績が豊富な歯科で受けた方が良いのです。インプラント治療専門、もしくは、インプラント治療に力を入れている歯科で治療を受けるのが賢明だと言えるでしょう。

インプラントは一部、保険の適用が認められていますが、ほとんどの場合、保険適用外の治療となります。高度な治療法であるため、ただでさえコストがかかる治療法なのですが、その上、保険適用外となってしまえば、治療費は非常に高額となってしまいます。事実、1本あたりの相場は30万円程度であり、安い歯科でも十数万円はしてしまいます。いくら最善の治療法でも、治療費が高額なので絵に描いた餅になりかねない状況です。 但し、治療費の負担を軽くする手段はあります。それは、医療費控除を受けるという手段です。医療費控除とは、医療費を1年間に10万円以上支払った場合、確定申告をすれば納めた税金の一部が戻ってくるという制度です。但し、医療費控除は、すべてのインプラント治療を対象にしているわけではないのです。ですから、医療費控除を受けるつもりでいるのならば、事前に歯科に確認、もしくは相談しておく必要があります。